ペット保険

継続的な治療にも最適なペット保険

最近、ペットは家族の一員だと考える人が多く、ペットにかける保険が数多くあります。ペットには人間と同じような公的な健康保険制度がない為に病院に行くと治療費、入院費、手術費が予想以上に必要になってしまします。そんな時にかけていれば安心出来るのがペット保険です。保険会社から多種多様なプランのペット保険が発売されているので、複数の保険会社に資料請求するのがお薦めです。自分のペットにとって、どんなプランが合っているのか専門プランナーさんに相談してみるのも良いですね。ひと昔前までのペットは寿命が短いものでしたが、最近はペットに最適な環境、与える食事の品質が向上した事によって、ペットの平均寿命は延びてきています。だからこそ、万が一に備えてのペット保険は加入しておくべきなのです。

ペット保険は人間同様に補償内容が重要です

ペット保険を選ぶ時に重要視して欲しいのが補償内容です。保険会社によって補償内容は変わってくるため、きちんと見極める目が必要になります。ペット保険が補償出来るのは、病気とケガの治療費になります。それに応じて、ペット保険の補償のタイプは大まかに分けると3タイプあります。通院・入院・手術をオール補償タイプと手術重視タイプと通院重視タイプです。この3タイプから最も選ばれているのは、通院・入院・手術をオール補償タイプです。手術重視タイプと通院重視タイプは月々の保険料は安くなるものの、補償内容が限定されているので、本当に補償して欲しい時に補償されない事になりかねます。月々の保険料は多少なりとも高くなりますがペット保険に加入しているのに補償されないと言う事がないようにしましょう。

注目すべき点は補償割合と保険料の値上がりの有無です

ペット保険を選ぶ時に気になるのは、月々の保険料です。しかしながら、保険料が安いと補償内容が手厚くない可能性があるので、注意して見比べないといけません。ペット保険も人間同様に年齢が若い時は安い保険料で加入出来ますが、加齢とともに保険料が値上がりする保険会社もあるのできちんと確認が必要です。ペット保険で注目すべき点は補償割合です。(補償割合とは動物病院の窓口で支払う割合を示します)当然の事ながら、割合が高い程に飼い主の負担額は軽くなりますが、その分月々の保険料が高くなる傾向です。補償割合と一緒に確認したいのが年間補償額です。保険会社が1年間に支払う金額の限度額です。補償割合が高くても年間補償額が低いと思っている金額が補償されない事もあります。人間の保険同様に慎重に選ぶ必要があります。