ペット保険

幅広い補償でいつでも安心のペット保険

子供が飼いたい、心の癒しとして側においておきたいなどという、ペットを飼いたいというニーズは、様々な世代に増加の傾向があります。一緒に暮らしていくと、次第に愛情もわいてきて、家族の一員として扱う人もたくさんいます。人間社会の中では、ペットは物として位置づけられているので、病気やケガといった健康に関する補償は何もありません。治療費は全て自己負担になります。しかし、任意で掛ける、損害保険の一つとして、飼育しているペットの病気やケガの治療費の一部を補償してくれるペット保険がというものがあります。いわば人間の健康保険のようなものです。動物病院で手当てを受ける場合に適用されます。このペット保険に加入することで、入院や通院、手術など、ペットにかかる医療費を削減することができます。

ペット保険に加入する前に保険の仕組みを理解しよう

ペット保険の保険料は1年契約の掛け捨てタイプのものです。次の年の更新時期の前に書面で更新手続きの通知が届きます。更新手続き後、継続で契約されます。これを繰り返すことで、終身保険として利用することができます。ペットの保険料は、ペットの種類や保険会社によって異なります。種別を設けていないものもありますが、体の大きさが治療費を左右することから、体重によって保険料を決めています。保証の割合は、治療費の半額か7割の保証が多いようです。又、人間と同様に、年齢が高いほど保険料は高くなるので、新規契約時のペットの年齢が8歳から10歳以下でないと加入対象にならないという保険がほとんどです。ペット保険に加入できる動物は、主に犬や猫ですが、その他の小動物や鳥、爬虫も取り扱っている保険会社もあります。

ペット保険は会社によって加入条件や補償内容は様々です

基本的な補償内容は保険会社間で大きな差はないようですが、飼っているペットによって、補償内容の強化の仕方次第でより充実した補償内容にすることができます。ペット保険での補償は入院と通院、手術が基本ですが、個別に選ぶことやオプションを追加することもできます。保険料の支払い頻度も重要です、日払いや利用回数の制限の年間を通しての支払い限度額などがあげられます。補償割合も保険料次第で全額補償を扱っている保険会社もあります。ペットの種類を限定している保険会社は、比較的保険料も安い上、補償内容も充実していることが多いようです。最近はインターネット上での契約も増え、契約するとネット割引が適用され、通常の手続きよりもお得になります。こうした情報はインターネットの比較サイトで、保険料から補償内容、オプション契約、各種特典、顧客満足度指数などを簡単に比較することができるので、是非参考にしたいところです。